眺望Good

眺望を重視してマンションを選ぶ時のポイント

e7399e0c996708d459169618d4c2aaa0_s

<眺望を基準に部屋を選んでみては?>

賃貸でマンション借りる、あるいは購入する時に、人によっては様々な基準があると思います。家賃や価格の安さなどに惹かれる人もいれば、立地や利便性などを重視する人もいるでしょう。デザイナーズやリノベーション物件を魅力的に感じる人もいると思います。
マンションを選ぶ時には、それぞれ基準があると思いますが眺望を1つの基準にしてみるのもオススメです。


<眺望を重視して選ぶ時は、必ず内見しよう>

眺望を重視してマンションを選ぶと、満足度が高いかもしれません。眺めがよかったり、見晴らしがいいだけでも日々のストレスが解消したり、夜景を眺めていると疲れも自然と癒やされたりします。また、眺望がいい部屋は陽当たりがいい部屋ということがあります。
陽当たりがいいだけで、日々の生活もハリがでたり、朝日を浴びることで健康的な生活を送ることがきるようになったりします。
ドラマや映画などで使われるような見晴らしのいい部屋や、東京タワーが見えるなどの付加価値があると、かなり満足するのではないでしょうか。眺望のいい部屋を選ぶ時は、不動産広告などに「眺めがいい」と書かれている場合でも、必ず内見して自分の目で確かめるようにしましょう。新築物件の場合は、内見する機会がないかもしれませんが、必ず現場を訪れて陽のあたり方や景色のだいたいの見え方などをチェックしましょう。
眺望を重視するときは、自分の目で確認することを忘れないようにしましょう。


<眺望のいい部屋の家賃は少し高くなる>

眺望のいい部屋になると、どうしても高層階になることが多いので、家賃が多少高くなります。また、南向きにリビングなどのメインルームがある間取りの場合でも家賃は相場よりも少し高くなる傾向にあるかもしれません。眺望を特に重要視する人だと、窓が2つある角部屋などを選びたくなるかもしれませんが、やはり角部屋は普通の部屋よりも高くなってしまいます。


<眺望のいい部屋はメリットがある!>

眺望がよく、陽当たりも良好で角部屋というのは価格以上にメリットがあります。眺望がいいと、ストレス解消になったり陽当たりがよく、健康的な生活が出来るなど、ファミリーにも向いています。見晴らしがいいというだけでも満足することができるのでオススメです。眺望のいい部屋を選ぶ時は、内見などで実際に景色を確認したり、家賃などをよく考えるようにしましょう。
眺望のいい部屋を選んで、素敵なライフスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る