コンパクト

コンパクトに1人暮らしや2人暮らしで必要な部屋数

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s
<1人暮らし2人暮らしをするときに住まいで気をつけたいこと>

大学入学や新社会人になったことをきっかけに、1人暮らしをはじめるという人も多いでしょう。また、初めて二人暮らしをするカップルや新婚さんなら、「どんな部屋に住めば良いのかわからない」「何部屋くらいあればいいの?」など、疑問に思うこともあると思います。そこで、1人もしくは2人暮らしでもコンパクトに生活をする場合にどんな間取りがいいか、部屋数はどれくらいあるといいかを解説します。


<1人暮らしなら1部屋で充分!>

1人暮らしなど、単身者向けの部屋はほとんどの場合は、1部屋あれば充分と言えます。単身者向けなら、1Kや1Rなどが主流になります。
部屋の広さは、それほど広くなくてもベッドやテーブルなどを置くスペースも確保することができるはずです。持ち物を少なくすれば、1Kや1Rなどの部屋でもコンパクトで快適に生活することができます。1人暮らしなら家賃などのことも考えて、1Kや1Rなどの部屋数が1部屋の物件にするといいでしょう。


<2人暮らしは2部屋以上は必須!>

1人暮らしと違って、2人暮らしなら1Kや1Rなどにするとプライベートな時間が取りづらいため、1LDKや2DKなど1部屋以上ある物件を選ぶようにしましょう。リビングが広めで、ゆったりと2人の時間を大切にしたい場合は1LDKにして、1部屋を寝室にするといいかもしれません。お互いにプライベートな時間が欲しかったり、夜勤などがあるような職種の場合、パートナーとの生活時間の違いがあることが多い場合は、それぞれの部屋が持てる2DKという選択肢があります。1LDKの場合は部屋数は少なくてもLDK部分がゆったりと広い部屋が多くなります。ただし、1LDKになると家賃が高くなってしまいがちなので注意が必要です。2DKなどの場合はダイニングキッチンで食事をとり、1部屋をリビングとして、もう1部屋を寝室として使うといいかもしれません。もしくは、1部屋を共同もしくはどちらかのワークスペースとして使うこともできます。2DKは1LDKと比べて、多少狭くなったり使い勝手が悪くなってしまうかもしれませんが、家賃が安いのがポイントです。


<1人暮らし、2人暮らしでもコンパクトに生活できる>

断捨離などが流行っているように、コンパクトにものを減らして生活すれば、部屋数も少なくてすみます。贅沢に広い部屋で暮らしたい気持ちは分かりますが、ものが不用意に増えてしまったり、部屋を持て余す、掃除などが面倒になるということがあるので、あまりオススメしません。1人暮らし、2人暮らしでも部屋数を少なめにしてコンパクトな生活をしてみるのもいいのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る