夢のマイホーム

一戸建ては魅力がたっぷり!夢のマイホームに近づこう

046600

「夢のマイホーム」という言葉は、時代が変わっても色あせないものです。鉄筋コンクリートのマンションが多く建ち並ぶ中、それでも一戸建てを希望する人が多いのは、やはり家族をまるごと包んでくれる幸せがそこにあることを実感しているから。一戸建ての良いところとはどんな点にあるのでしょう?


● 子育てに、家族の心に、とても良い影響を与える庭スペース
 
子供の成長は驚くほどに早いものです。一瞬一瞬が探求の連続のような、様々なものを吸収する時期に、目の前の庭で小さな四季を自由に観察しながら暮らせることの意味は大きなものです。自然の営みに触れ、日や風を浴びて育つ子供は情緒が安定しやすいことも分かっています。もちろん子供だけでなく家族皆にとっても、安心して過ごせる自然が身近にあることは、心を癒し、毎日の支えとなってくれます。


● ゆったりとしたスペースが心のゆとりを生む
 
一人ずつ自室を持て、一日忙しく働いて帰って来た家で大きな空間に身を委ねる開放感の大きさは、やはり一戸建てならでは。上下左右の物音に思考を邪魔されることもありませんし、大好きなペットとも暮らしやすい。家族が望むように暮らせるからこそ生まれる心のゆとりは、かけがえのない絆ともなります。


● 駐車場や駐輪場が玄関のすぐそばにある
 
集合住宅で時々問題になるのが駐車場や駐輪場のスペース不足です。戸建なら最初から必要なスペースを考慮して探せますし、何よりも玄関を出てすぐ目の前に停めておける便利さは言うまでもありません。荷物を抱えている時にはもちろん、小さな子供や高齢者がいる家庭ならなおさら、移動が楽なことは大きな助けとなります。もちろん駐車代はタダ。車やバイクいじりが好きな家族にも喜ばれます。


● 家族構成の変化にも対応がしやすい
 
最大の利点は、家族構成の変化に対応しやすいことです。家の間取りに家族を当てはめるのではなく、一人一人に合わせた部屋選びができる。子供の成長や高齢者の体調に合わせて部屋の割当を変えることができるメリットを、長く住み続けられる理由として多くの人が上げています。


● 日本人の体質に一番合っている建物は一戸建てである
 
あまり知られていませんが、実は一戸建てこそが日本人の暮らしに一番適した建物だとも言われています。密閉性が高い集合住宅では湿度がこもったり、舞い込んだ花粉や空気中の異物などがなかなか外に出て行かずに溜まりやすく、体に影響を与えてしまうことがあります。高温多湿の風土では、四方からの風通しが良く、全体に日の当たる一戸建てこそが最適の住宅と言えるのです。心地良く快く生きる日本人らしさを、一戸建ては守ってくれるのですね。
 
夢のマイホーム、と最初に言いましたが、良い家は、住み始めた後でも夢を叶え続けることができてこそ実力を発揮します。
自由に、便利に、そして心にゆとりを持って暮らせる家。それが、多くの人に選ばられる「一戸建てだからこその素晴らしい魅力」なのです。

▲ トップへ戻る