ママ楽

上手に「息抜き」してますか?-ママにご褒美フリータイム-

0ddf741b7f1ea6fc5bfcb6d05a0bd479_s

ママは年中無休のお仕事です。食事の支度に掃除に洗濯、子供が寝るまで仕事はエンドレスに続きます。育児や家事に協力的なパパが増えたとはいえ、まだまだママの分担が多いのが現状です。独身の頃はあんなにあった自由な時間。仕事帰りにカフェに立ち寄ってお茶をしたり、お休みの日はウィンドウショッピングをしたり、習い事をしていた頃が懐かしい・・。子供ができると自分の時間を取るのが本当に難しくなります。

でも休みなしで働いていたら、どんなにがんばり屋のママでも、いつか燃え尽きてしまいます。子育ては長丁場です。余裕がなくなり子供に八つ当たりしてしまったりする前に、上手に「息抜き」タイムを取り入れて、心に余裕を持ちリラックスして子供に向き合いましょう。
 
 
◯ 息抜きするときは子供と家から離れる
 
息抜きするときに重要なことは、子供と家から物理的に離れることです。パパと子供が公園に行っている間に家でお茶をゆっくり飲むのも息抜きになるのですが、つい、ほこりが気になって掃除機をかけたり、夕飯の支度を始めたりしてしまいませんか?
同じお茶を飲む行為でも、家のことを気にかけながら飲むのと、家とは関係ない場所で飲むのは、リフレッシュ度合いが全く違います。最初は、子供を預けて外出するのは気が引けるかもしれませんが、子供と家から離れることで、短時間でも気持ちの切り替えができます。
 
 
◯ パパ、お留守番よろしくね!
 
家を離れて息抜きをするためには、子供を誰かに預ける手はずを整えなければなりません。実家が近くておじいちゃん・おばあちゃんが喜んで預かってくれる環境ならいいですが、それができなければ、パパに子供とのお留守番をお願いすることになりますね。でも「いいよ、行っておいで」と笑顔で送り出してくれるパパは少数派。子供との留守番が苦手なパパは意外と多いものです。
初めのうちはパパに負担にならない程度に、「月に1回、2時間でいいから子供を見てもらえないかな?」と提案して、徐々に慣れてもらいましょう。もしもパパに頼むのが難しい場合は、一時預かりをする保育園にお願いするのも一つの方法です。
 
 
◯ 出かける前に家事は済ませて
 
独身時代と違って自由時間は限られています。時間を有効に使うために、家事や夕食の買い物など気になることは全て済ませてから出かけましょう。「息抜き」タイムは、日々の雑事から離れ、自分のためだけに使う贅沢な時間です。いつもがんばっているママにご褒美のフリータイム!思う存分楽しみましょうね。

▲ トップへ戻る