日当り良好

日当たりの良い家を探す時に大切なポイントとは?!

a38c28c86303f2d8510ca5ea9ae83740_s

家探しの条件の一つに「日当り良好」があります。日当りが良いと、洗濯物が乾きやすいですし、湿気やカビの心配も減るので快適です。ガーデニングや家庭菜園も楽しめます。寒い冬の日でも、日差しが届くと家の中が暖かくなります。
逆に、日当りが悪いと、人間の体内時計が狂い、早寝早起きの規則正しい生活が自然にできません。そこで、日当りの良い一戸建ての家の探し方のポイントをまとめます。


■ 日当りが良いのはどの方角?

物件を検討する時にまず見るのが間取り図です。その間取り図に家の向きを表す方角が必ず書かれていますのでチェックしましょう。
高温多湿の多い日本では、南向きが好まれる傾向があります。暑い夏には北向きの次に南向きの日照時間が少なく、寒い冬には、南向きが一番長く陽があたるからです。
南向きの次に日当りが良い方角は東、次が北、最後に西向きです。
東向きは朝に太陽の光が差し込みますので午前中は暖かく過ごす快適に過ごせます。
北向きは日当りが悪くジメジメしたイメージがありますが、年間を通して日照時間の差が少ないので慣れれば比較的落ち着いて過ごす事ができます。
西向きは、やはり西日が強烈なので畳や家具が焼けてしまい、傷みやすいという難点があります。


■ 日当りが良い家を探すためのポイントとは?

●物件の方角と周辺環境の確認
日当りの良い家を探すには、一般的に好まれる南向きの家かどうかを間取り図でチェックすることです。例え南向きの物件であっても南側に大きな建物があれば太陽の恩恵を受ける事ができません。逆に西向きの家でも西日を遮ってくれる建物があれば快適に過ごせるかもしれません。
ですから、検討中の物件の近所の高層建物の状況も確認しましょう。
間取り図の備考欄に、「日当たり良好」などとアピールされていれば、まず近隣に高層物件はないと考えて良いですから実際に足を運んでみる段階に進めます。また、現在は高層物件がなくても、近所に大きな空き地がないか、数年後にマンションの建設予定がないかなども重要なチェック項目です。

●日当りの確認と窓のチェック
南向きの物件は人気ですが、必ずしも南向きにこだわらない方や、気に入った物件が南向きではない場合は、なるべく時間をずらして1日に何度か日当りのチェックに訪れましょう。午前、午後、夕方(西日が強い時間帯)に物件を見て、日当りを確認し、実際に住んだ時に快適に暮らせるかシュミレーションしてみましょう。
また、窓のチェックも大切です。リビングや南側の窓はある程度大きく作られているでしょうか。窓が大きいとその分、採光が取りやすく、部屋の中に届く光の量も多くなります。窓の大きさもしっかりチェックしましょう。

▲ トップへ戻る