街中でも安心

女子なら一度は経験する「女子会幹事」



a0002_001955

新社会人になる女子の皆さんには、入社後に先輩女子との距離も少しづつ縮まり、歓迎会や女子会が開催される日がやってくる事でしょう。今回はそんな女子会のお店を探し予約しなければならなくなったときの為、女子会幹事さんの為のお話しをしていきます。毎月1回開催!

女子会に参加した事のある女性は、90%に及びます。女性同士だから出来る、恋愛の赤裸々なトークやコスメの話、ファッションの話で盛り上がれば上司との距離もグッと縮まるかもしれません。そんな女子会ですが、社会人女性の過半数以上が一ヶ月に一回以上も参加しています。その為、定期的に開催される女子会幹事さんは大変なんです。


シビアにこした事はない、予算の話

では、実際に女子会で予約するお店はどういった点に注意するべきなのでしょうか。まずは予算ですね。定期的に開催される女子会だからこそ、予算は参加するメンバーの希望をきっちりと擦り合わせお店を選ばなければなりません。最近は「女子会コース」を用意しているダイニングバー、居酒屋が多くあります。女子向けのヘルシーなお料理、ドリンクの種類、デザートにも力を入れているお店が多いです。その他の宴会用のコースと比較すると、女子会コースの方がお手頃な価格で、コストパフォーマンスも良いんです。ダイニングバーや居酒屋でも個人店であれば、予算を伝えてそれに合わせて用意してくれるお店が意外とあります。女子会で使いたいという旨を伝え、相談してみるのも大いにアリです。
そして忘れてはならないのがクーポンサイトです。こちらはもう利用している人が多いと思いますが、チェックして損な事はありませんね。


大切なのは お料理、雰囲気、客層

予算が決まったら、お店を探していきます。まずはお料理です。事前に参加するメンバーが何が食べたいのかをリサーチし、決めていきます。希望がバラバラでなかなか決まらない時は、ビュッフェ方式のお店やアラカルトのお店を探してみても良いでしょう。そして雰囲気です。パーッと楽しくはしゃぎたいのか、個室でしっとりゆっくりお話ししたいのかによって選ぶお店は変わってきます。年配の方の多いお店では女子会では浮いてしまいますし、学生や若者の多いお店ではガヤガヤしすぎて話に集中出来ない事もあります。逆も然り、静かすぎても盛り上がらない可能性もありますので、個室であれば無難かもしれませんね。

そして意外と大事なポイント。
女子会の場合、女性は靴やブーツを脱ぐのを嫌がる方も居ますのであらかじめチェックです。大抵のお店はホームページやクーポンサイトなどに情報を載せていますので、写真やレビュー、お料理、一度見てみましょう。トイレの数や様子も見ておくと良いでしょう。


予約時のトラブル

お店が決まったら、予約していきましょう!当日予約なしの飛び込みでは、満席で座れず、街を彷徨う事になりかねません。
歓送迎会シーズン、忘年会シーズン、金曜や土曜の繁忙日に予約する場合は早めに予約しましょう。繁忙期の予約は2?3ヶ月前に予約が入る事もしばしば。貸し切り営業も増えます。個室であればなおさらです。個室は人気があり、比較的すぐ埋まってしまいます。。
個室で予約したいとの旨を店員さんにきっちり伝えましょう。
繁忙期では、お店側のミスで予約が取れていないこともゼロではありません。人数が増えてしまったとき、減ってしまったときもしっかりお店側に連絡しましょう。狭い席にぎちぎちに座らされたら、せっかくの女子会も台無しになってしまいますよね。必ず人数と、予約の確認は怠らないように!しっかりと予約が取れたら、女子会に参加するメンバーに連絡するのも忘れずに!


すてきな女子会幹事になれたら、自ずと女子力も上がります。
きっちりとこなせたなら、達成感も感じられて、上司にも喜んでもらえて。良い事づくしかも知れませんね!それでは皆さん、よい女子会で、よい社会人ライフを!

▲ トップへ戻る