朝ゆっくり

あなたの人生が変わる!?朝活のススメ

29
「朝の時間を有効活用!朝活をするメリット」

朝、会社に行く準備をする前の貴重な時間はどのように過ごしていますか?ギリギリまで布団の中という人もいるかも知れません。
または目覚めにコーヒーを飲んで優雅に過ごしている人もいるでしょう。もしかすると出勤までの間に時間をたっぷりとって、自分のために有効な何かを熱心に行っている人もいるかも知れませんね。

今、出勤前の時間に趣味や勉強、または別の仕事、運動、コミュニケーションのための活動などをすることを「朝活」と呼んでいます。
朝の貴重な時間を自分の向上のために使うのです。自分自身の時間が増えることで通常では出来ないことが出来るようになります。
1日がもっと長くあればいいのにと思うような人には「朝活」がおススメです。

朝はなかなか眠っていた身体を起こすのも、脳を起こすのも時間がかかります。出勤ギリギリの時間しかとらないとあわただしく1日が始まります。まだ脳も身体も起きていない状態で仕事を始めるのは良くありません。
その点、朝活を始めている人は十分に身体も脳も起きていますし、余裕を持って仕事に取り組めます。仕事の効率と正確さが断然上がります。会社での評価も格段に上がるかもしれません。
朝活を考えるなら、出勤時間の少なくとも3時間くらい前から起きて活動してみましょう。


「生活環境の改善、体調の向上、仕事の効率アップ」

朝活で何をやるにしても、朝はまだ世間が動き出していないので集中して行動できます。自分だけの時間という意識が持てますし、何だか優越感にもひたれるものです。
早寝早起きの習慣がつきますから健康的になります。休日も続けていくと体のリズムが整います。だらだらとしがちな休日こそ、いつもと同じように過ごすべきですから、朝活の継続は身体の調子も常に一定になります。


「朝活で出来るあれこれ」

仕事で忙しいという人も、朝は頑張って起きれば時間が取れます。必要な睡眠時間さえとれていれば朝早くても大丈夫なのです。深夜まで起きて自分の時間を取ろうとするよりも、朝早くとることが身体にも良いのです。

朝は普段出来ないこと、夜では集中できないこと、どうしてもやらなくてはいけないことをしましょう。
例えば資格取得に向けて勉強するには好都合です。静かな環境で集中して勉強できます。眠くなってしまう深夜よりも、起きてからのほうが寝てしまわなくて勉強できます。
仕事のために覚えなくてはいけない勉強も、朝しっかり頭に入れていけば即実践できます。予習にも復習にも効率的です。

体力づくりにウォーキングやジョギングも良いでしょう。朝食前に行うと脂肪が燃焼しやすく思わぬダイエットにもつながるそうです。身体もすっきり目覚めることでしょう。

自分で食事を作る人は、朝からしっかりと食事をとる意味でも朝食づくりに気合を入れてみるのも良いですね。レパートリーが広がるかもしれませんし、食に興味が出て仕事にも活かせる勉強をしたくなるかもしれません。

趣味の読書も良いですね。社会人になるとなかなか読書の時間は取りにくくなりますから毎朝の日課にしてしまうと無理なく知識を広められます。

このように、自分の好きなことを集中して行えるのが朝活です。他の誰もが眠っている時間を有効に使って、一足先に自分を高めてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る