バイト、しよう

そのバイト大丈夫?安心して働こう!

26
「ブラックバイトとはどんなバイトを言うのでしょうか?」

「ブラック企業」と言われる悪質な労働条件を強いる企業があります。正規雇用だけではなく、学生のアルバイトであっても劣悪な環境で働かせている企業があります。学生の都合を聞かずに労動時間を勝手に決めている、試験期間を無視して働かせる、賃金が約束と違う、ノルマを課せる等、様々な例があります。このような酷い待遇のアルバイトを「ブラックバイト」と言います。

今では学生たちを悩ませているブラックバイトが増えていますので、これからバイトをしようと考える人、または現在バイトをしている人はそのバイト先企業がブラックではないかどうか十分注意する必要があります。


「なぜブラックバイトが増える傾向なのでしょうか?」

今どき企業は正規雇用の人材を必要最小限しか雇っていなかったり、必要な人材すらとらずに非正規雇用の人材だけでやりくりしようとしたりします。世の中が不況続きでそのような傾向になっているのです。
そこで重宝がられるのが時間の融通が利くフリーターのような存在です。正規雇用でない人材は少しでも多く仕事をして収入を得たいと思うので、企業にとって好都合なのです。
学生のアルバイトも、フリーターと同じような扱いをしてしまいがちになってどんどん労働環境が悪化していくのでしょう。

学生も、今では不況のため学費を自分で働いて用意するという場合も多くなっています。このことから、例えきついアルバイトであっても辞めにくいという悪循環になっていることがあるのです。

さらには学生なので、不規則な勤務になりがちだというと面接の段階で落とされることが重なったりしますよね。その場合やっと採用されたアルバイトが酷い環境でも辞めてしまうのが怖いのです。すぐに新しいアルバイトが見つかる保障がないのでついついブラックバイトだとわかっても続けてしまうという人も多いはずです。


「正しい知識をつけて安心してバイトしよう!」

ブラックバイトにうっかり入り込まないように、いくつかポイントを紹介します。

 労働契約を結ぶ段階で、自分自身でしっかり納得するまで内容すべてを説明してもらって、把握できてから契約を結びましょう。

 確実に労働の内容と条件を把握したら、詳細を書面にしてもらい雇用契約を確実に結ぶようにしましょう。この部分は最初が肝心なので十分に意思を伝えて下さい。

 バイトのスケジュール等、融通が利くバイトを選び、確実に守ってもらえるようにします。企業側に十分伝える必要があり、念を押しておくべきことです。

 学生の立場なので、何よりも学業を最優先できるような環境にしておきます。企業側だけでなく、本人の強い意志が必要です。ただし、労働は責任を持って行うべきで無理のないシフトにすることを忘れないようにしましょう。

せっかく働くので正しい知識をしっかりつけて安心して働きたいものです。労働者が不利にならないための法律があるので、しっかりと正しい知識をつけてからアルバイトに臨みましょう。無知なままでは自己責任ということにもなりますし、ブラック企業の餌食にならないように勉強しておきましょう。

▲ トップへ戻る