お得感満載

安くてお得な家電の買い方の秘訣

69259eae941d68d8fd56ddeae02e6843_s
モノを安く買うということは、例えば20万円のお給料で生活する方が、21万円、人によっては25万円の生活ができるということです。ケチは嫌われますが、買い物上手は尊敬されます。モノを安く購入するとはそういうことなのです。
今回は、一人暮らしに必須の家電を安く買う秘訣をご紹介させていただきたいと思います。


・家電の購入経路
 
一昔前は、店舗で実際に品物を見て買うのが当たり前の時代でしたが、現在は、インターネットやテレビショッピングなど様々な販売経路が用意されています。もちろん、おすすめは実際に店舗に出向き、品物を見て、触り、納得の上で購入することですが、価格的にはインターネットのほうが安く売られている場合もありますので、店舗で気にいった品物を見つけたら、一度インターネットで同じ製品を調べてみることをオススメします。もしくは「価格.com」といって、様々な店舗、インターネットでの最安値価格を調べることのできる、大変便利なサイトがありますので、お店によってはそちらで調べた最安値を、店舗の店員さんに伝えることで、その値段まで値引きをくれることもありますので、是非一度お試しください。


・家電激戦区で購入
 
値引き以外に家電を安く購入するコツとしましては、まずは家電激戦区で購入することです。これは家電以外にも言えますが、競争相手がいない地域のお店では、限界まで安くする必要はありません。そのため価格競争の激しい、激戦区での購入は必須なのです。
 
 
・型落ち製品のメリットとデメリットの差
 
新商品がでた直後の型落ち製品はかなりの狙い目です。家電ほど移り変わりの激しい商品はありませんので、型落ちと言ってもびっくりするほど機能が違うという訳でもありません。それに比べ価格のほうは、新商品が発売した瞬間に型落ちの商品はかなりの値落ちがされるのです。機能の違いは少しでも、価格の違いはかなりの差がでてきますから、、少し前のものでしたら型落ち商品のほうが絶対にお得だと言えます。また、エアコンや暖房器具も季節外れの春などの購入がおすすめです。
 
 
・ブランド力にはこだわるな
 
有名ブランドにこだわる方もいますが、ここだけの話、同じ工場で生産した製品でもブランドで値段がかなり変わるものもあるんです。
メーカーにこだわる必要があるのは、ブランド力ではなく、アフターフォローなどの保証をどこまでやってくれるか、この一点につきます。家電はブランドなんかより、性能、もしくはコストパフォーマンスが一番なのです。
 
 
・情報収集
 
上級者になると、お客さんの多い土日は価格を安く設定する店が多く、逆に平日はお客さんが少なく店員さんとゆっくり話ができるため、平日店員さんから情報集め、土日に購入といった流れが当たり前の流れになります。店員さんと値引き交渉するのが苦手といった方もいらしゃいますが、値引き目的だけでなく、色々質問することで、商品の詳細もわかりますし、知識がなければ性能の違いも理解できません。最近はツイッターなどでタイムセールの情報を流す、お店も多いのでそちらも忘れずにチェックしましょう。


これだけのことをおこなうことで家電を安くお得に購入することができますので、是非お試し下さい。

▲ トップへ戻る