デザイナーズ物件

こんなに雰囲気が変わる!室内照明の選び方

min_min_3187ca97e313aca120743a3fa4902918_l

二人で暮らすからこそちょっと余裕をもってオシャレで快適な空間づくりを目指してみませんか?何気なく使っている室内照明を少し変えるだけで、部屋の印象が大きく変わります。壁紙やカーペットなどの大きなリフォームは大変だけど、間接照明をプラスしたり、今ある照明のタイプを変えてみるのは意外と簡単です。雰囲気を変える室内照明の選び方をご紹介しましょう。

○室内照明の種類とタイプ
室内照明にはいくつかの種類があります。住宅の配線を考えながら、雰囲気を作る照明を選んでみましょう。

・天井をすっきり見せるシーリングライト
円形の埋め込み風照明です。明るさの調節ができるものが多く、シェードの色やサイズによって雰囲気が変わります。リビングなどの照明にぴったりです。

・華やかさを演出するシャンデリア
シャンデリアは、色々なタイプがあり、選ぶのも楽しくなる照明です。よくある細かな電球がたくさん付いたタイプだけでなく、クリスタルで飾られたシーリングライトタイプのものもあります。柔らかく女性的な印象を作ります。

・カフェ風の空間を作るペンダントライト
チェーンやコードなどで天井からつりさげるタイプの証明です。ダイニングに使われるのがほとんどです。ペンダントライトはデザインも豊富で、スタイリッシュなものからシャンデリア風まで…センスが問われる照明器具かもしれません。ただし、物件によっては照明用レールが必要な場合もあるため、取り付けに関して管理会社への確認も忘れずに。

・間接照明で部屋を広げるフロアスタンド、卓上スタンド
手軽に使えて、雰囲気を作り上げやすいのがフロアスタンドや卓上スタンドです。天井の明かりを消して、フロアスタンドなどの柔らかい照明を使えば、穏やかで癒しの空間を作り上げることもできます。飾り彫りしてあるシェードを使えば、模様が壁に浮き上がってとてもきれいですよ。寝室で利用する読書灯としてではなく、リビングやダイニングの雰囲気を変えるアイテムとして設置場所を意識してみましょう。

・間接照明プラス安全確保に、フットライト
足元を照らしてくれるフットライトは、夜間でも眩しさをおさえて安全に移動できる壁に埋め込むタイプの照明です。どちらかが夜遅くに帰ってくるような生活スタイルの場合、フットライトの設置を検討してみましょう。ただし、こちらも配線の都合がありますので、埋め込みタイプではなく卓上タイプを床に置いて利用するのも良いでしょう。


○部屋ごとのイメージを作りながら、全体の雰囲気は統一して

室内照明を選ぶ時に大切なのは、部屋の広さや、そこに必要な明るさなどを考えながら部屋のイメージを作ることです。例えば、ダイニングには料理がおいしく、また食事が楽しくなるような照明を。リビングは多機能に使える明るさを調節できるものなどを選びます。部屋ごとの用途に合わせながらも、住まい全体の雰囲気を統一することでオシャレ感が増していきます。


○二人暮らしで意見が違ったら…それぞれの一番好きな場所を決めよう

二人で暮らすからこそ、照明をはじめとしたセンスの違いが出てくることもあるでしょう。アジアンテイストが好きな人、シックに揃えたい人、豪華なシャンデリアを飾りたい人…それぞれの意見を主張してしまうとなかなか決まりません。そんな時は、一人ずつ一番好きな場所を決めておきましょう。素敵な空間を演出できる室内照明で、より心地よく過ごせる部屋を作りたいですね。

▲ トップへ戻る