ワイワイ大家族

災害時に備えて家族で出来る5つの安全対策

min_min_0739e3ce9adaeb50009efb8659365088_l

いざ、災害が起きた時に慌てても後悔先に立たず・・というようなことのないように、災害時に備えて是非やっておきたい5つの安全対策についてご紹介します。

○決めておくべき5つのルール

災害時に備えて家族でできる対策はルールを決めておくことです。

・避難場所を決めておく
防災マップで指定されている場所(最寄りの小学校など)を確認しておきましょう
・身を守る方法を考えておく
机の下に入る、枕やヘルメットで落下物を防ぐなどの方法を普段から考えておきましょう。
・緊急連絡先の確認
災害伝言ダイヤルの番号(171)を覚えておく。親戚や友人などの家族全員が知っている人の連絡先を共有しておきましょう。
・非常用品を準備し、場所を把握しておく
非常持ち出し袋などを準備しておき、家のどこにあるのか把握しておきましょう。
・防災メモを作る
家族の携帯電話の番号を覚えていないという人も案外多いです。財布などに連絡先を書いた防災メモを持っておくようにしましょう。


○非常持ち出し袋、非常用品のチェック

もしもの時に備えておくべき非常持ち出し袋や非常用品をリストにまとめます。

<非常持ち出し袋>
いざというときに両手が使えるようにリュックタイプの袋につめておきたいグッズは、次の通りです。
・ペットボトル(ミネラルウォーターなどの飲料水)など
・レトルト食品、乾パン、飴、チョコレートなど
・絆創膏、包帯、鎮痛剤などの救急グッズ
・衛生用品(ティッシュ、ウェットティッシュ、タオル、生理用品、オムツ、携帯トイレ、ビニール袋など)
・現金(紙幣と小銭)、免許証や保険証のコピー、スペアキーなど
・下着や靴下、防寒具、雨具、使い捨てカイロなど
・懐中電灯、ホイッスル、軍手、マスクなど
・筆記用具
非常持ち出し袋は、各部屋と玄関に1袋ずつ置いておくのが理想です。

<その他の非常用品>
いざという時のために備蓄しておきたいものをリストアップしましょう。
・飲料水(一人あたり1日3リットルの計算で最低3日分の用意)
・レトルト食品
他には、夜間の災害に備えて寝室のベッド下に置いておきたいのが次のグッズです。
・防災ずきん、ヘルメット
・スリッパ(または靴)
非常用品は、備えあれば憂いなしです。常に準備しておきましょう。但し、飲料水や食料品は、賞味期限がありますし、子供のオムツのサイズも成長ともに変わります。定期的にチェックして入れ替えておきましょう。


○普段からの防災意識

ネガティブになりすぎるのも健康によくありませんが、普段から防災意識を高めるために、1日に最低1回は気象情報、災害情報をテレビ、ラジオ、インターネットなどで確認する習慣をつけましょう。また、携帯電話の緊急速報メール(エリアメール)を登録しておくのも安心です。対象エリアにある携帯電話に地震、津波、災害、避難情報を配信してくれます。他にも、町内会などで行なわれる防災訓練にも参加し、消火器の使い方、AED(自動体外式除細動器)の使い方をマスターしておきましょう。特に防災訓練は地域の人と顔見知りになれるチャンスです。災害時に助け合えるように、信頼関係を築いておきたいですね。

▲ トップへ戻る