キレイ

理想の住空間をいつまでも快適に。メンテナンスのポイント

min-min_3192d7ddb157fb9288c93298126019fb_l

家族みんなの夢がたっぷり詰まった念願のマイホーム。
外壁の色を決めて、間取りやキッチン、インテリアの細部に至るまで、
一生にそう何度もある機会ではないからなおのこと気持ちも入りますよね。
子供たちも自分で選んだ壁紙や広いリビングで、
お友達を呼ぶのもきっと誇らしい思いでしょう。

ですが、引っ越して数年が経過し日常のものになってしまえば、
あの頃の気持ちも段々と薄れてしまうのも仕方のないことです。
ピカピカに光っていたリビングのフローリングも、
その後のワックスかけを怠れば徐々にツヤを失っていきますし、
キッチンの壁紙も良く見ると油はねの跡ががちらほら・・・。
ガーデニングを始めようと庭にスペースを取ったけれど、
仕事が忙しくて手入れが出来ずむしろストレスの元になってしまう、
なんてこともあるかもしれません。

これから何十年も暮らしていくことになる大切な我が家です。
ある程度の年数が経てば大規模な修繕も必要になってくるかもしれませんが、
日々の生活の中での細かな修繕については、是非ご自身で挑戦してみてください。
きっと、ますます愛着が沸くこと間違いなしですよ。

まず、家の中をぐるりと一回りして見てください。
築年数が浅ければよく使う動線のみで十分です。
またその際は、いつもの目線ではなくほんの少し下げて見ることを忘れずに。

いつも歩いてる部分だけワックスが剥がれていないでしょうか。
水回りや食卓に近い場所であれば、水はねしやすい箇所なので特に要注意です。
ワックスによる油膜が薄れてくると水が床材に浸み込み、傷みの原因となります。
一度に家中をワックス掛けするとなると負担も大きいですし、
乾燥させている間は立ち入れないので、何かと不便ですよね。
家族に一声かけてから区間ごとに分けると
少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか。

また、木材の伸縮によりわずかなすき間が出来ている所もどうしても出てきます。
そんな時は壁紙に近い色のコーキング材で埋めてみましょう。
ホームセンターに行けば沢山の種類が置いてあります。
巾木のほこりや汚れが溜まっていたらチェックしながら落とせば一石二鳥ですね。

そして意外と見落としがちなのがカーテンやロールスクリーンです。
購入したお店にクリーニングをお願いできることもありますので、
場合によってはお願いした方が良いこともあるでしょう。
びっくりするくらい汚れが溜まっていることもあります。
カーテンは揃えると高い買い物になるので、
メンテナンスして長く使えた方が最終的にはお得になる可能性も。

定期的なチェックとお手入れで家自体の寿命が伸びれば、
経済的にも大きな効果がありますよね。
季節の変わり目や大掃除の際にでも、家族のイベントとして
メンテナンスデーを設けてみては如何でしょうか。
それはきっと、家族にとって大切な思い出のひとつになることでしょう。。

▲ トップへ戻る