新築マンション

1人暮らし初心者、防犯対策は大丈夫??

min-min_69e6771ad6d3774fb3b0b29643be50ab_l

★警視庁発表「H24年度の空き巣傾向」
 都内における侵入や窃盗の認知件数は7,970件で、前年に比べて72件(0.9%)減少しているそうです。しかし、そのうちの空き巣に関しては3,473件と前年に比べて91件(2.7%)増加となっています。


【どこから侵入するの?】
空き巣の侵入は「窓」からが多くなっています。
防犯ガラスや窓シャッターなどを活用するとともに、窓の施錠もしっかりと確認しましょう。


【どんな方法で?】
空き巣の侵入手段は、住宅の種類に応じて違ってきますが、一戸建てではガラス破りが多く、中・高層住宅などでは無施錠が最も多いのです。ドアや鍵のかけ忘れに注意しましょう。
今回は1人暮らしの人向けのテーマなので、扉や鍵部分の取り付け工事等については書かず、もっと簡単に外付けできる防犯対策について調べてみました。


◎グッズの活用

●窓ストッパー
文具やで調達できます。取り付けも簡単です。

●キーチェーンの活用
急な来客や約束していないピンポンには、キーチェーンをつけて開けて相手を確認してください。

●センサーライト
動くものに反応し、ライトが点灯する「センサーライト」を死角になる場所に設置します。

●警報ブザー
ドアや窓の不正な開閉に反応したり、窓ガラスや振動に反応したりする警報ブザーを設置すると効果があります。


◎習慣にしたいこと

◆施錠は確実に。
帰宅したら、スグ鍵をかけましょう。
ゴミや買い物など、短時間の外出でも施錠をするようにしましょう。特に、換気などで開け閉めする回数の多い浴室やトイレの窓も、施錠の確認を怠らないようにしましょう。

◆合鍵をおかない。
なくしたときの為に、合鍵を郵便ポストや植木鉢の下に置くのはやめましょう。

◆携帯の活用。
帰り道など、誰が見ているかわかりません。演技でもいいので、携帯で話しているフリでも防犯対策になります。

◆ベランダに男性ものを干す。

◆玄関に男性物の靴を置く。

◆新聞や郵便物を溜めたままにしない。
「留守です」と言っているようなものです。こまめに片づけましょう。

◆長期不在にするときは、近所に声かけを。
1人暮らしだとなかなか相手に頼みづらいものですが、もし近所に世話好きな人がいるようなら一声かけて外出をしましょう。もちろん手土産も忘れずに!


【まとめ】
ちょっとした工夫やグッズの活用、習慣づけで危険は回避できます。
油断せずに、快適な1人暮らしを楽しんでください。

▲ トップへ戻る